私たちが大事にしている考え

利用形態の多様化・進化を踏まえた、
次世代の不動産マネジメントを創造します

これまで不動産と言えばその用途や利用の形態は固定的で、オフィスはオフィスとして、商業施設は商業施設として利用されてきましたし、またそれを前提として資産価値も構成されてきました。
ところがコロナ禍の到来により社会の需要が大きく変化し、これまでの用途とは異なる不動産の新しい使われ方が次々と誕生しています。このことは不動産の資産価値にも大きな影響を与えるでしょうし、求められる不動産マネジメントの形も大きく変化するはずです。

これまで私たちは過去の経験や感覚・慣行にとらわれず、蓄積された膨大なデータに基づく科学的なマネジメントに取り組んでまいりました。また、あらゆるマネジメント業務を私たち自身が手がけることにこだわってきたことから、とりわけ不動産の現場を守るビルメンテナンス領域においては、大きな人材戦力を背景に幅広いサービス提供が可能となり、これを土台とした我々独自の、不動産の総合的なマネジメントサービスが提供できる体制を有しております。
まだ誰もなし得ていない、めまぐるしく変わる不動産の使われ方に則した新しいビルメンテナンスや、次の時代に求められる新しい不動産のマネジメントサービスの構築に向け、私たちは進化してまいります。

大きな人材戦力基盤をもって、
サービスの確実な納品を果たします

ビルメンテナンスにおいては、建物の老朽化が進む一方で労働人口が減少の一途をたどる日本においては、不動産の安心・安全を確保する仕事の量と、それを支える人材戦力のミスマッチはますます拡大し、サービスの納品力は低下する構図にあります。
私たちザイマックスグループでは、たくさんの仕事を安心してお任せいただけるよう、AI・RPAの導入やシステム化による業務の効率化・省力化を進めるとともに、業務にあたる人材戦力基盤の一層の拡大と、また合わせて外注だけに依存しない内製力の向上をはかることで、量・質両面での納品力の向上を目指しています。「人件費をコストとは呼ばない」こと、これは私たちの経営において大事にしている考えです。

不動産マネジメント事業従事者数の推移(各年度4月1日時点)

不動産マネジメント事業従事者数の推移

高い内製力で納品力の向上を目指す仕組み

高い内製力で納品力の向上を目指す仕組み

人材戦力のスキルアップを支援し、
いきいきと働くことができる場の実現を目指します

私たちのサービス価値の源泉は働く人にあります。ザイマックスグループでは「仕事と働く人の関係」や「働く場(職場)の環境づくり」に経営の重心を置き、たくさんの、そしてさまざまな人材が活躍できるステージをより多く創出しています。
また働く人がより楽しく元気であり続けられるよう、研修をはじめとしたさまざまな仕組みや制度をもって、働く個々人のスキルアップ・レベルアップをサポートしています。

多様な人材が活躍できるステージづくりの一例

時間帯や曜日を選べる“ビルメンテナンスの新しい働き方“の仕組み
ザイマックスグループではビルメンテナンスの業務構造や体制のリストラクチャリングを進めることで、都合の良い曜日や時間帯で働くことができる新しい仕組みを構築しています。育児や介護をはじめとしたさまざまな理由により、毎日・フルタイムで働くことが困難な女性の方などがこの仕組みを利用し、ビルメンテナンスの現場を支えています。
(ザイマックス関西では「大阪市女性活躍リーディングカンパニー認証(二つ星認証)」を取得しています)
「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証

技能実習生

ザイマックスグループでは現在インドネシアから総勢60名の技能実習生を受け入れ、オフィスビルや商業施設、ホテルの清掃に従事しながら技能を学んでいます。東京と大阪には技能実習生向けの「ザイマックスインターナショナルハウス」という寮があり、生活・研修の場として利用されています。また多くの外国人が働く現場においては、マニュアルの多言語対応も進めています。
技能実習生
技能実習生

メンテナンスファクトリー 独立支援制度

点検や緊急対応、修繕・更新工事を手がけるメンテナンスファクトリー社として、独立・起業したい社員を支援する制度があります。

ザイマックスグループのビルメンテナンスを支える取り組み